薬の説明


抗不安薬抗鬱剤気分調整薬抗精神病薬抗パーキンソン剤の基本的な作用と副作用についてご説明します。いずれの薬の場合も、副作用を疑ったら遠慮せず早急にご相談ください。




抗不安薬

安定剤、マイナートランキライザーなどと一般に呼ばれている薬です。
主な作用には,不安感を和らげる
        眠気を催す⇒特に眠気の強いものは睡眠導入剤としても使用可能
        筋肉の弛緩作用⇒肩こりや頭痛など、筋肉が過剰に緊張したために起きている症状は多少軽減する
といったものがあります。これらの作用が過剰にでたものが副作用
        ねむけ、ふらつき
また薬によっては,食欲不振、便秘、口の渇きがでるものもあります。

当院で処方する抗不安薬としては次のようなものがあります。どれを選択するかは、どのような症状を改善したいのか、どの程度までの副作用なら我慢できるか、薬の作用している時間、といった個々のケースに求められる状況により微妙に変わります。
        ソラナックス,デパス、リーゼ、セルシン、レキソタン、ワイパックス、セディール等

また睡眠導入剤として使用しているものは、
    超短時間型(2時間):マイスリー
    短時間作用性(3−4時間程度のもの):アモバン、ルネスタ、レンドルミン
    中時間作用性(6−8時間):サイレース、ベンザリン
    長時間作用性(8時間以上):ユーロジン、ソメリン、ダルメートなど
です。一般に短時間作用性のものは,服用後比較的速やかに入眠できる、一方長時間作用性のものは熟睡できる、といった特徴があります。したがって早く寝てかつじっくり寝たい,という場合には両方の薬を併用することになります。
ベンゾジアゼピンではありませんが、メラトニンという睡眠をつかさどるホルモンを調節することで睡眠の効果を得やすくするロゼレムという薬も発売されました。朝残る、という声を10人に一人聞くことがあります。


抗鬱剤

抑うつ状態を改善し,気分を盛り上げる作用のある薬です。またパニック障害や強迫神経症、慢性疼痛、夜尿症でも治療効果のあがる場合が多くみられます。
三環系抗鬱剤、四環系抗鬱剤、SSRIなどに分かれますが、いずれも脳内神経伝達物質の濃度を上げることで鬱状態を改善すると考えられています。どの抗鬱剤も安定した効果が出現するまでに5日から数週間かかるので、耐え切れない副作用が出ない限りは、辛抱強く飲みつづけていただく必要があります。また、よくなったからすぐにやめる、といった飲み方をすると再発/悪化の可能性が70%以上あります。このため症状が軽快してから、さらに数ヶ月間、再発予防のために服薬を続ける必要があります。

   ●三環系抗鬱剤:副作用もでやすいのですが、他の系統の抗鬱剤に比べ圧倒的に効果が優れています。副作用としては,眠気,口の渇き、便秘,立ちくらみ、排尿困難などです。緑内障や前立腺肥大の場合は、使用できません。
      代表的な商品として、プロチアデン、アモキサン、トフラニール、アナフラニール、トリプタノールなどがあります。
   ●四環系抗鬱剤:三環系抗鬱剤にくらべ副作用はマイルドですが、その分,効果も穏やかです。注意点は上記三環系に準じます。
      代表的な商品は、ルジオミール、テトラミドです。なおテトラミドは眠気が強いので睡眠薬の代わりとしても使用する場合があります。
   ●SSRI:平成11年5月から日本でも発売が開始された薬です。10人に1人の割合で眠気、また3人に1人の割合で服薬開始直後から2週間の間,吐き気が出現します。それ以外の副作用は比較的少ない印象があります。薬の効き目もとても穏やかで、安定した作用が出現するまでに約1ヶ月かかります。老人や体力的に弱い人などへの使用が向いているのではないかと考えています。またパニック障害、社会不安障害(SAD)の治療薬としても適応があります。最近パキシルはPTSDの適応をとりました。現在わが国で発売されているのはデプロメール(=ルボックス)、パキシル、ジェイゾロフト、レクサプロです。

   ● SNRI:SSRIよりも比較的効果が早くあらわれます(約10日)が、その分副作用的にはSSRIよりも眠気、便秘、口渇がでやすいようです。それでも三環系抗鬱剤よりは副作用の頻度が低く、軽症の抑鬱状態によく処方します。従来トレドミンのみでしたが、平成22年4月サインバルタが発売になりました。効果発現が10日ほどで、比較的早い印象です。後述のリフレックスと併用するカリフォルニアカクテル療法が効果を上げる場合があります。

   ● NaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ剤);平成21年9月に、国内で発売開始された抗うつ剤で、販売名ではリフレックス=レメロンがあります。抗うつ効果と抗不安効果が、比較的強く、効果発現までの時間が1週間ぐらいと早いことが特徴です。既存の抗うつ剤で問題となっている副作用(口渇、排尿困難、便秘、血圧低下(立ちくらみ)、心毒性、嘔吐や性機能障害)の発現頻度は低く、アクチベーションシンドロームの懸念も軽減されています。服用開始後の2・3日間、ひとによって日中眠気を強く感じることがありますが、就寝時の睡眠は良質です。不眠、不安・焦燥感(イライラ感)を伴って、食欲低下(食事を楽しめない)がみられる患者さんには、特に効果が感じられやすいです


気分調整薬

気分の波を抑えるのに有効な薬です。また躁状態の改善にも役立つ薬です。
   リチウム:昔ながらの薬で有効性も高いのですが、過剰投与で容易に中毒状態(けいれんや意識障害)をきたしやすいので、定期的に血中濃度を測りながら投与量を決めていく必要があります。
   抗けいれん剤:本来はてんかんのくすりなのですが、約20年前から気分の安定に役立つという研究成果が相次いで発表されるようになりました。ラミクタール、テグレトール、デパケン、リボトリールなどがあります。なおテグレトールは薬疹が出やすいため出現したら直ちに教えてください。


抗精神病薬

いわゆるメジャートランキライザーです。
統合失調症や妄想状態,精神病反応といった精神病状態のほか、うつ病、神経症などでも使用する頻度が高い薬です。
作用としては、
    幻覚や妄想をとる/軽くする
    不安感や興奮状態をおさめる
    意欲を高める
といった,効果があります。
副作用としては、
    眠気
    便秘、口の渇き、立ちくらみ、脈が速くなる、尿が出にくくなるといった自律神経症状
    手が震えたり小刻みで歩くようになるといったパーキンソン症状
などがでる可能性がありますが、下剤や昇圧剤,抗パーキンソン剤といった薬を併用することで、かなりの部分が回避できます。また女性の場合、生理がとまったり乳汁がでたりすることもありますが、気になる人は別の薬剤に変更すればよいと思います。原因薬剤中止後1ヶ月で、生理は通常の状態に戻ります。
主な商品名としては、
    セレネース、コントミン(=ウインタミン)、レボトミン、インプロメン、ドグマチールなど
があります。
 平成13年2月以降、上記のような副作用の頻度が従来品に比べて大幅に軽減した製品も登場しています。今後はこうした製品が治療の現場での主流になっていくだろうと考えています。商品名はリスパダール、セロクエル、ルーラン、ロナセン、ジプレキサ、エビリファイです。うつうつとした気分を持ち上げる作用も併せ持ち、確かに副作用も少ないので、なかなか使いよい薬だと感じています。


神経症やうつ病で使う場合:眠気が強いという副作用を利用して、睡眠導入剤がわりに使用したり、不安感をとる作用が強いことを利用し日中の過度の緊張を緩和するのに使います。


抗パーキンソン剤

パーキンソン病、あるいは薬の副作用としてのパーキンソン症状(手の震え、膝などがむずむずする感じ等)などの治療に用いるくすりです。副作用として目のかすみ、口の渇き,便秘の出ることがあります。
アキネトン(=タスモリン)、アーテンなどがあります。



北林医院分院
千葉県船橋市本町6−4−28竹内ビル6F
047−424−0287