千葉市 船橋市 精神科 心療内科 北林医院分院

大人の発達障害(自閉症スペクトラム症 注意欠陥多動性障害ADHD)

自閉症スペクトラム症(ASD)

端的にいうと、今の世の中のレールにのれない、生きづらさを抱えた方たちです。個性的でちょっと変わっているかな、という評価をされるくらいですが、組織や集団にいると「馴染めていない」ようにみえます。
3つのカテゴリーの特徴があります。

1)コミュニケーション
聴力に問題がないけれど、幼少時言葉が遅かったという方から、全く問題ないタイプまであります。やたら丁寧語で場にそぐわない感じや、大きな声で話し、場をわきまえていないように見える、単調で抑揚がない話し方、ボティーランゲージや笑顔、うなずきがうまくできない、抽象的な概念がわからないので冗談が通じない、独り言が多い、興味のあることは一方的に話し続けるなどです。


2)社会性
幼少時は友達と遊ぶより、一人遊びが多かった、ごっこ遊びができなかった、接触されることが苦手、思春期も性への興味がない、成人でも友人は少なく、喜びや悲しみを共有できないなどです。


3)行動
こだわりといってよいような常同行為、たとえば幼少時なら、くるくる回る、身体を揺らす、手をたたく、頭を打ち付ける、奇異な姿勢など。興味が限定されていて、モノの一部のみだったり、変化することに抵抗が強いことが多い。大人になってからは、同じ食べ物を食べ続ける、ランチのメニューはいつも同じとか、非常に細かいことに没頭する、痛みや大きな音、身体の冷えや熱など感覚刺激に、鈍感か、その逆に過敏であるかなどがあります。


最近は、マスコミなどでも「発達障害」が取り上げられていますね。「KY」ということばがはやり始めたのは2007年ころです。そのころ以降から、「コミュニケーション偏重主義」ともいわれるほど、今の世の中は、学校でも、就職、会社などでコミュニケーションスキルが対人評価の大きな要素になっています。昔は寡黙でも黙々とまじめに仕事をこなす人も、その仕事ぶりで尊敬されていましたが、そういう人が会社で管理職になると、部下に指示したり、人間関係の調整をすることを求められ、適応できない人もいます。持っている特性と、求められる環境の不一致から問題が生じるわけです。昔は多様な特性をもった人が、それなりに居場所をみつけて生活していたのが、このコミュニケーション重視の世の中になって適応できず、2次的にうつ病や不安障害を発症し、心療内科を訪れる方が増えてきた気がします。もともと発達障害的傾向のある方だと、例えばうつ病を発症して、通常の薬物療法中心の治療をしてみても、表面的な症状は軽減しますが、求められる状況が変わらなければ、満足できる改善は難しいでしょう。難治性のうつ病といわれる方の中には、このような方が一定数いらっしゃると思います。


当院では、まず診断をして、今困っている問題を整理し、症状に対しては必要なら薬物療法、環境の調整、就労について障碍者雇用を検討する、などの治療・アドバイスを行っています。
ASDの自記式検査として、AQ日本語版 自閉症スペクトラム指数を採用しています。

大人の注意欠如多動性障害(ADHD)

 以前は「子どもの病気」とされていましたが、ここ数十年で成人になってもADHDの症状が持続していることがわかってきました。子供の典型例としては、歩けるようになるより先に走り出す、休みなく動きまわり、じっとしていることが難しい。学校でも集中できずにいるので、知的には低くないのに成績が悪かったり、黙っていられないので、思いついたらなんでも言ってしまう、などです。
 思春期になると、多動性は減り、一見落ち着いたようにみえますが、かんしゃく、気分が変わりやすい、集中できないなどの問題を抱えていることが多いです。アルコールや違法薬物を使用したり、ほかの非行に及ぶこともあります。
 しかし、軽度だと大人になるまで「ちょっと落ち着きがないな」程度で過ごし、社会に出て、仕事でいろいろなことを要求されるようになると、もともと持っていた特性が、「困ったこと」「なんだかうまくいかないこと」として表れてきます。会議中そわそわして、出たり入ったりしたり、貧乏ゆすりが止まらない、とか。思ったことを不用意にいってしまい、相手に不愉快な思いをさせたり、締め切りが守れない、計画的に段取りよく仕事ができない、複数の仕事を頼まれると、どれか忘れてしまう。一つのことを終わらせないと、次のことができず、時間がかかってしまう、ケアレスミスが多い、整理整頓が苦手などです。
 でもシングルタスク、つまり一つのしかも興味のあることは、時間を忘れるほど没頭して、ご飯も食べずにやりつづけたりすることもあります。
 ですので、「障害」というより、やはり「特性・個性」と考えるべきなのでしょう。いわゆる「職人さん」的な、コツコツとひとつのことを集中して極めていく仕事に適性があるのだと思います。また発想力や直感力もあり、うまく仕事に生かせれば、成功しているひともいます。歴史上の人物もADHDだったのでは、という人もたくさんいます。エジソン、織田信長、坂本龍馬、モーツァルト、アインシュタインなどなど。

診察は、まず本当にADHDなのか、診断することからです。
診断にあたっては、もしお手元にあるなら小学生のことからの成績表(通知表)などがあればお持ちください。またご家族からの話も聞けたら幸いですが、不可能な場合はなくても結構です。
心理検査は、CAARS日本語版 を使用します。

診断されたのちは、何をゴールにするのかを話し合います。
発達障害の治療は「ハビリテーション」といわれています。
ハビリテーションとは、今ある能力を最大限発揮し、その能力を新たに開発し、自立心を向上させ、生活の質をより豊かにするということです。
 今困っていること、やりづらいことについての解決が優先ですが、その先の生活や人生を、より自分らしくどう組み立てていくかまで、
 お手伝い出来たらよいなと思っています。必要であれば、薬物を使用することもあります。現在大人のADHDに使える薬物は、「ストラテラ(アトモキセチン)」と「コンサータ(メチルフェニデート)」の2種類です。

就労に関して、一般就労が難しければ、障碍者就労も検討しましょう。最初に精神科受診後、6か月以上経過すれば、精神障碍者手帳を申請できます。